【家紋名】 丸に梅鉢

家紋画像
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

梅の花を写実的にデザインしたものを梅花紋、幾何学的に図案化したものを梅鉢紋という。菅原道真の梅花好みから、天神信仰の社紋をみると梅に関係した紋がついている。京都の北野天満宮は「梅星」、東京の湯島天神は「梅鉢」、福岡の太宰府天満宮は「梅花」。菅原氏の子孫という加賀の前田氏の紋も梅鉢。


家紋ドットネットに掲載されていない家紋を調査、デザイン作成(有料)も可能です。ご相談の方は以下よりお気軽にお問い合わせください。
個人の方はこちら
法人の方はこちら


※当サイトはリンクフリーです。お気軽にSNS、ブログ、掲示板にリンクをお貼りください。
※法人の方で家紋画像の利用を希望される方は、問い合わせ窓口にご連絡をお願いいたします。
※家紋の解説などの家紋データをご利用される場合は、「参考資料 家紋ドットネット」「家紋ドットネットより引用」「出典 家紋ドットネット」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 家紋ドットネット」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

丸に梅鉢 みんなの家紋のはなし
【名字】江﨑 【都道府県】佐賀県

佐賀市道祖元町専修寺檀家江﨑氏がこの紋を使用。
【投稿日】2022/09/05 18:09:01
【投稿者】PILIさん
【名字】水町 【都道府県】佐賀県

神埼市神埼町尾崎光明寺檀家水町氏がこの紋を使用。
【投稿日】2022/09/04 22:22:53
【投稿者】PILIさん
【名字】宇野 【都道府県】熊本県

【熊本藩侍帳集成】御侍帳によると、宇野家の家紋。
【投稿日】2022/07/22 07:47:13
【投稿者】てっちゃんさん
【名字】永田 【都道府県】大分県

>みぃさん
投稿された家紋は「丸に梅鉢」だと思います。

梅鉢紋は菅原道真の菅原氏族のほか、多くの家系で使われています。
【投稿日】2022/03/08 13:04:21
【投稿者】ちば子さん
【名字】富樫 【都道府県】東京都

>r0kiさん

投稿された家紋は「丸に梅鉢」だと思います。
【投稿日】2022/01/03 20:04:39
【投稿者】ちば子さん
【名字】川口 【都道府県】香川県

>川口さん

投稿された家紋は「丸に梅鉢」だと思います。
【投稿日】2021/08/27 07:58:00
【投稿者】ちば子さん
【名字】長濱 【都道府県】大阪府

祖父母の家は九州五島列島にあります。昔、平家とも繋がりがあったようで本土から移動してきたそうです。
【投稿日】2021/02/25 07:08:34
【投稿者】beさん
【名字】新工 【都道府県】福島県

不明
【投稿日】2019/06/19 13:25:03
【投稿者】Koyuさん
【名字】堀間 【都道府県】広島県

私の父方の名字で、亡くなった祖母からはもともとは山口県徳山市で先祖様が広島に移り住んだと聞いています。
戦国時代は毛利家に支えていたとも聞かされてもいました。
しかしながら、私の名字はこの日本では東日本に多く、中でも東北地方がほとんどのようですので、正直ルーツはわかりません。
私は長男坊ですが、今は福岡県に移り住んでいて、私の親類身内でこの名字は、本家の広島と私がいる福岡と神奈川県、名古屋だけだと思います。
ちなみに家紋は、広島県広島市内にある私達の菩提寺の天井に描かれています。
【投稿日】2019/05/11 20:05:34
【投稿者】輝彦さん
【名字】神頭 【都道府県】兵庫県

不明
【投稿日】2018/11/25 07:34:41
【投稿者】はっちゃんさん
【名字】松岡 【都道府県】愛知県

出自は赤松氏の流れと伝わっています。本家は都内で、旗本だったと言ってましたが確認はしていません。家に伝わる墓(広島県)と鎧櫃に残るものが唯一のものです。父の話によると、刀が数振りあったそうですが戦争で失われたそうです。
【投稿日】2018/08/12 10:36:18
【投稿者】ぱせりのくき さん
【名字】菅野 【都道府県】宮城県

かんのです。菅原道真が関係しているそうですが、詳しくは知りません。
【投稿日】2018/05/20 20:26:39
【投稿者】かんのさんさん
【名字】冨永 【都道府県】佐賀県

家は家紋に守られてる。
【投稿日】2018/03/13 04:57:05
【投稿者】トミーさん
【名字】武内 【都道府県】高知県

読み方は「たけのうち」。高知市薊野の真宗寺山の稜線と東端に墓が纏まった場所があり、稜線から見下ろす南側斜面にも墓が散在する。稜線の墓が最も古く、稜線に新たに埋葬する余地が無くなったことにより、東端や南側斜面に新たな墓を置いたものと思われる。東端の墓の筆頭者は土佐銀行監査役を、その長男は潮江郵便局長を勤めた記録が残っている。また、五台山南麓にある吸江寺の上部斜面に3基の墓があり、内1基は真宗寺山稜線の1基と同一人物のものと思われる。更に、後裔の墓1基が長浜にある。戸籍で辿れた筆頭者は江戸時代の下知村の武内喜三じょう(『じょう』の字は『氶』の下に『一』)。尚、真宗寺山稜線の墓の1基は、坂本龍馬の甥である直寛とともに北光社で現在の北海道北見市辺りの開拓に携わった、武内羊之助の父のものであることが墓石側面に刻まれている。
【投稿日】2018/02/18 10:21:21
【投稿者】U^ェ^Uさん
【名字】山口 【都道府県】長崎県

丸に梅鉢

【投稿日】2018/02/04 01:19:08
【投稿者】ヤマさんさん
【名字】桑原 【都道府県】岡山県

実は、家の実家も家紋が「丸に梅鉢」です。
岡山の新見市です。
【投稿日】2017/11/19 06:36:06
【投稿者】くわらばさん
【名字】菅家 【都道府県】福島県

福島県大沼郡金山町に数多くある
名字と家紋です。
【投稿日】2017/05/17 14:03:42
【投稿者】菅家さん
【名字】登澤 【都道府県】静岡県

先祖代々から使用。
【投稿日】2017/03/26 22:16:57
【投稿者】えめろんさん
【名字】山口 【都道府県】大阪府

やまぐち
【投稿日】2017/01/05 11:23:44
【投稿者】winさん
【名字】丹羽 【都道府県】愛知県

愛知県岡崎市です。
【投稿日】2017/01/04 21:16:33
【投稿者】momoさん
【名字】菅原 【都道府県】新潟県

新潟県北部の漁村が地元。

菅原道真と同姓であり家紋も非常に近い(菅原道真は梅鉢紋だそう)が、実際の関連は不明。

ただし、ここからはあくまで推測に過ぎないが、全国民が名字を名乗れるようになったときに道真公を信仰していた先祖が「菅原」と名乗り、家紋も崇拝と謙遜の気持ちを込めて「梅鉢」よりワンランク低いニュアンスのある「丸に梅鉢」とした可能性もある。
【投稿日】2016/05/16 17:19:20
【投稿者】JapanMyojiさん
【名字】北澤 【都道府県】静岡県

私の母は、北澤です。
先祖は、長野県出身です。
言い伝えでは、信濃国の武将の重臣だそうです。
ほかの北澤さんも、丸に剣梅鉢や梅鉢、丸に梅鉢だそうです。
【投稿日】2016/03/11 20:02:45
【投稿者】池田長兵衛和広さん
【名字】松村 【都道府県】宮崎県

うちの先祖の家紋です。
【投稿日】2016/02/13 11:14:59
【投稿者】ぁち坊。さん
【名字】小野山 【都道府県】滋賀県

小野山
平家の末裔
【投稿日】2020/11/16 08:22:41
【投稿者】HULKさん
【名字】小橋 【都道府県】埼玉県

小橋
【投稿日】2020/08/16 14:18:46
【投稿者】ボウズさん
【名字】織部 【都道府県】岐阜県

古田織部との縁戚とも言われていますが、古田織部とは家紋が違います。個人的にはルーツ不明です。
【投稿日】2019/07/02 17:53:55
【投稿者】ミュートさん
【名字】森本 【都道府県】大阪府

家紋?
【投稿日】2019/05/22 16:28:43
【投稿者】モリーさん
【名字】 【都道府県】東京都

本家は京都府京都市。
【投稿日】2017/08/19 10:47:33
【投稿者】森さん
【名字】香月 【都道府県】佐賀県

似たものがあるのでわかりません。
【投稿日】2017/06/28 10:12:32
【投稿者】香月さん
みんなの家紋のはなし 投稿
「みんなの家紋のはなし」に書きこむには、ログインが必要です。

 

家紋の基礎知識
評判の年間・半期トレンドランキング
いろいろな名字・珍しい名字ランキング
今日誕生日の有名人一覧へ
世界の名字ランキング

家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。(スペース区切りで複合検索できます)
検索例:梅

 
 

最近検索された家紋

熨斗輪に扇熨斗輪に扇  丸に二つ鈴丸に二つ鈴  丸に放れ三つ引き丸に放れ三つ引き  内田轡内田轡  丸に撫子丸に撫子  四つ蔓柏四つ蔓柏  丸に蔦丸に蔦  中輪に鬼三つ柏中輪に鬼三つ柏  大内菱大内菱  左二つ丁子巴左二つ丁子巴  水の角字水の角字  三つ蔓葉牡丹三つ蔓葉牡丹  五三鬼桐五三鬼桐  丹羽違い木丹羽違い木  八曜に月八曜に月  加藤兜加藤兜  左二つ巴左二つ巴  抱き柏抱き柏  開き文開き文  丸に三つ独楽丸に三つ独楽  陰瓶子陰瓶子  丸に九枚笹丸に九枚笹  丸に榊に幣丸に榊に幣  丸に五三桐丸に五三桐  二葉違い茗荷二葉違い茗荷  内藤藤内藤藤  左三つ巴左三つ巴  二引両二引両  細川九曜細川九曜  丸の内に三つ引き丸の内に三つ引き  枝藤に水枝藤に水  丸に石の角字丸に石の角字  裏梅鉢裏梅鉢  橘崩し橘崩し  三つ目三つ目  左三つ丁字巴左三つ丁字巴  御礼守丸御礼守丸  明石明石  丸に四方剣花菱丸に四方剣花菱  持ち合い七宝持ち合い七宝  下がり藤下がり藤  簿の丸簿の丸  大割の裏牡丹大割の裏牡丹  変わり向こう桜変わり向こう桜  丸に抱き茗荷丸に抱き茗荷  葉敷桜葉敷桜  中陰に八重裏桔梗中陰に八重裏桔梗  竜の爪竜の爪  三つ寄せ菊菱三つ寄せ菊菱  三階菱三階菱  薄輪薄輪  三つ追い松葉に捻じ梅三つ追い松葉に捻じ梅  雪輪に蔦雪輪に蔦  鞠挟みに剣片喰鞠挟みに剣片喰  丸に違い鷹の羽丸に違い鷹の羽  手習手習  陰九曜陰九曜  松平大覚の頭蝶松平大覚の頭蝶  入り違い茗荷入り違い茗荷  立ち杏葉立ち杏葉  中輪に足付き細違鷹の羽中輪に足付き細違鷹の羽  組み平井筒組み平井筒  左卍左卍  赤  折敷に角三文字折敷に角三文字  亀甲に輪違い亀甲に輪違い  割り藤の花割り藤の花  丸に三つ輪違い丸に三つ輪違い  匂宮匂宮  繋ぎ九つ目繋ぎ九つ目  軸付き上がり藤軸付き上がり藤  丸に三つ割り花菱丸に三つ割り花菱  乙女乙女  丸に沢瀉に水丸に沢瀉に水  三つ追い角に揚羽蝶三つ追い角に揚羽蝶  隅切り角に三つ柏隅切り角に三つ柏  織田蝶織田蝶  六つ組み糸巻六つ組み糸巻  扇蝶扇蝶  九枚笹に蛇の目九枚笹に蛇の目  尻合わせ三つ州浜尻合わせ三つ州浜  光琳枝桐光琳枝桐  丸に主の字丸に主の字  帆掛船帆掛船  抱き沢瀉抱き沢瀉  丸に四つ目菱丸に四つ目菱  本多束ね葵本多束ね葵  米沢笹米沢笹  丸に抱き沢瀉丸に抱き沢瀉  向い烏向い烏  大割り抱き茗荷大割り抱き茗荷  丸に二つ半菊丸に二つ半菊  丸に覗き三枚鷹の羽丸に覗き三枚鷹の羽  山吹の枝丸山吹の枝丸  萬  並び分銅並び分銅  沢瀉胡蝶沢瀉胡蝶  富山梅鉢富山梅鉢  黒餅黒餅  播 

すべて見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする
 

 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
 

大ヒット中!! スマホで家紋ドットネットを使うなら、アプリがおすすめ!