【家紋名】 丸に笹竜胆

家紋画像
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

家紋では竹と笹をとくに区別はしない。松・竹・梅とめでたいものの代表である竹は、根強く繁殖力も強い。その強さが好まれて、家紋として採用されることも多い 。竹の字を名字にもつ美濃の竹中氏が「九牧笹」、仙台の伊達氏が「竹に雀」を使用している。


竜胆

リンドウ科の多年草。葉が笹に似ていることから、ササリンドウともいう。竜胆とは中国語で、根を噛むと苦くまるで竜の胆のようだということから、この字が当てられた。村上源氏の代表紋。


丸に笹竜胆 の有名武将・大名

石川氏


家紋ドットネットに掲載されていない家紋を調査、デザイン作成(有料)も可能です。ご相談の方は以下よりお気軽にお問い合わせください。
個人の方はこちら
法人の方はこちら


※当サイトはリンクフリーです。お気軽にSNS、ブログ、掲示板にリンクをお貼りください。
※法人の方で家紋画像の利用を希望される方は、問い合わせ窓口にご連絡をお願いいたします。
※家紋の解説などの家紋データをご利用される場合は、「参考資料 家紋ドットネット」「家紋ドットネットより引用」「出典 家紋ドットネット」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 家紋ドットネット」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

丸に笹竜胆 みんなの家紋のはなし
【名字】及川 【都道府県】宮城県

祖父は石巻
曽祖父は岩沼出身
【投稿日】2022/08/16 18:42:47
【投稿者】おいかわさん
【名字】豊島 【都道府県】兵庫県

リンドウの葉が笹に似ていることと、漢方薬となる根が竜の胆の如く苦いことから、【笹竜胆】ササリンドウという。一般的に源氏の家紋としているが、公家の村上源氏が愛用したようで、清和源氏の武家は、木曽、石川などだけです。多田満仲の創健した多田院や鎌倉市の市障となっておりますが、鎌倉幕府を開いた源頼朝が使用したかは定かでない。多田源氏の豊島(てしま)が使用したかは定かでない。
【投稿日】2021/09/13 20:32:13
【投稿者】てっちゃんさん
【名字】手嶌 【都道府県】兵庫県

リンドウの葉が笹に似ていることから、漢方薬になる根が竜の胆の如く苦いことから、【笹竜胆】ササリンドウ
と言われていますが、源氏の家紋として主に公家の村上源氏が愛用したようです。清和源氏については、木曽、石川などだけです。多田満仲の創健した多田院、鎌倉市の市障に使用されています。鎌倉幕府を開いた源頼朝が使用したかは定かでない。多田源氏の豊島(手島)『島の異字体の手嶌』が使用したかは定かでない。
【投稿日】2021/09/11 03:44:46
【投稿者】てっちゃんさん
【名字】手嶌 【都道府県】兵庫県

リンドウの葉が笹に似ていることから、漢方薬になる根が竜の胆の如く苦いことから、【笹竜胆】ササリンドウ
と言われていますが、源氏の家紋として主に公家の村上源氏が愛用したようです。清和源氏については、木曽、石川などだけです。多田満仲の創健した多田院、鎌倉市の市障に使用されています。鎌倉幕府を開いた源頼朝が使用したかは定かでない。多田源氏の豊島(手島)『島の異字体の手嶌』が使用したかは定かでない。
【投稿日】2021/09/11 03:44:20
【投稿者】てっちゃんさん
【名字】手嶋 【都道府県】兵庫県

リンドウの葉が笹の葉に似ていることと漢方薬になるリンドウの根が竜の胆の如く苦いことから、【笹竜胆】という。一般的に源氏の家紋と言われていますが、主に公家の村上源氏が愛用したようで、武家の清和源氏では、木曽、石川などだけです。多田満仲の創建した多田院、鎌倉市の市障になっておりますが、鎌倉幕府を開いた源頼朝が使用したかは定かでないし多田源氏の豊嶋(手嶋)が使用したかは定かでない。
【投稿日】2021/09/05 08:33:01
【投稿者】てっちゃんさん
【名字】多田 【都道府県】兵庫県

多田満仲が75歳に仏門に入り、「国家守護武運長久」の一寺霊場を創設した多田院にある、「笹竜胆の紋章」リンドウの葉が笹の葉に似ていることから、竜胆のことを笹竜胆という。この笹竜胆に徳川家の「葵紋章」を組み合わせたものが現在の多田神社の紋章となっております。
【投稿日】2021/08/24 19:22:26
【投稿者】てっちゃんさん
【名字】松常 【都道府県】山口県

家紋です
【投稿日】2019/02/17 07:41:42
【投稿者】こーぱさん
【名字】今井 【都道府県】長野県

長野県岡谷市の今井家の家紋
正式には今井家の裏家紋
今井家の表家紋は丸に井
源平の時代、木曾義仲の四天王の一人であった今井兼平に使用を許されたとされている。
普段、今井家は表家紋の丸に井を使うが、冠婚葬祭などの重要な日には裏家紋の丸に笹竜胆を使う。
【投稿日】2018/01/20 17:31:47
【投稿者】sinさん
【名字】澤口 【都道府県】青森県

我が家に伝わる家紋です。
「丸に」は足利氏が使用した丸に二つ引きに関連してるのかもしれません。

戦国乱世の時代の名字は「奥山」であった事が、伊達家世臣録から確認ができます。

同時代に菅原姓の澤口、目々沢から奥山に変えた人達がいたようです。
【投稿日】2017/02/18 18:09:11
【投稿者】サワグチさん
【名字】澤口 【都道府県】青森県

伊達家世臣録によると以外のごとく。
奥山( 中頃、澤口を称す)姓は源。其の先は奥山下野守法光より出で、法光第四の男奥山藤兵衛光成を以て祖とす。天正中(1573-1592)より明和5年(1768)迄の記録。

もともとはの名字は奥山でした。
また、同時代に「菅原」姓の澤口も同じ職場にいたみたいです。
また、その同じ時代に「目々沢」の名字から「奥山」に変えた伊達家の有力家臣がいたみたいです。

奥山だけに奥深い理由があったのかも。。。

【投稿日】2017/02/18 16:21:43
【投稿者】サワグチさん
【名字】進士 【都道府県】静岡県

下田市に住む一族の家紋です。
清和源氏源義光の玄孫で「進士判官源義高」を始祖とする故に笹竜胆を定紋にしている様です。
【投稿日】2016/09/21 00:23:44
【投稿者】ツヨシさん
【名字】多田 【都道府県】岩手県

気仙地方の一部。盛岡市や花巻市で同じ紋を持つ家は同族と思われる。
【投稿日】2015/10/23 18:10:24
【投稿者】風流人さん
【名字】和田 【都道府県】福島県

福島県いわき市の和田家の家紋
【投稿日】2015/09/03 22:54:07
【投稿者】ヒロさん
【名字】笹原 【都道府県】岡山県

笹原家の家紋
【投稿日】2015/08/18 13:24:43
【投稿者】ちぃさん
【名字】及川 【都道府県】岩手県

及川家の家紋。
【投稿日】2022/03/07 21:59:59
【投稿者】No.2さん
【名字】中村 【都道府県】岐阜県

岐阜県ですが、もともと祖父が
大分県出身です。
【投稿日】2019/12/07 18:32:52
【投稿者】nさん
【名字】石井 【都道府県】三重県

石井家の家紋
【投稿日】2018/09/22 08:34:50
【投稿者】いしいさん
みんなの家紋のはなし 投稿
「みんなの家紋のはなし」に書きこむには、ログインが必要です。

 

家紋の基礎知識
評判の年間・半期トレンドランキング
いろいろな名字・珍しい名字ランキング
今日誕生日の有名人一覧へ
世界の名字ランキング

家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。(スペース区切りで複合検索できます)
検索例:梅

 
 

最近検索された家紋

庵に花菱庵に花菱  丸に一つ鈴丸に一つ鈴  向う裏橘向う裏橘  丸に一つ葵丸に一つ葵  隅切角に桔梗隅切角に桔梗  三つ蝶三つ蝶  捻じ巴捻じ巴  丸に一つ茶の実丸に一つ茶の実  丸に無の字丸に無の字  丸に一つ算木丸に一つ算木  船  八重裏梅八重裏梅  丸に一つ石丸に一つ石  変わり浮線蔦変わり浮線蔦  三つ尻合わせ雁金三つ尻合わせ雁金  三つ盛り炭の切り口三つ盛り炭の切り口  丸に一つ矢丸に一つ矢  三つ割り橘三つ割り橘  石持ち地抜き十六菊石持ち地抜き十六菊  丸に一つ枡丸に一つ枡  長門沢瀉長門沢瀉  右二つ巴右二つ巴  丸に一つ松丸に一つ松  丸に一つ引き丸に一つ引き  三つ折り鶴三つ折り鶴  井桁に桜井桁に桜  中輪に八曜に巴中輪に八曜に巴  丸に一つ帆丸に一つ帆  安藤藤安藤藤  陰細桜陰細桜  丸に一つ団扇丸に一つ団扇  丸に二つ割り剣片喰丸に二つ割り剣片喰  丸に一つこうがい丸に一つこうがい  反り四つ目菱反り四つ目菱  花鉄線崩し花鉄線崩し  丸に亀甲に橘丸に亀甲に橘  三つ結び木瓜三つ結び木瓜  丸にぬの字崩し兎丸にぬの字崩し兎  相馬亀甲相馬亀甲  二つ重ね丁字二つ重ね丁字  丸にいたどり丸にいたどり  御法御法  太陰光琳蔦太陰光琳蔦  中陰鬼蔦鶴中陰鬼蔦鶴  元  菊巴菊巴  中陰鬼蔦菱中陰鬼蔦菱  有職鶴有職鶴  糸輪に覗き蔦糸輪に覗き蔦  五七乱れ桐五七乱れ桐  鎧蝶菱鎧蝶菱  中陰裏唐花_中陰裏唐花_  揚羽蝶揚羽蝶  持ち合い轡持ち合い轡  丸に田の字丸に田の字  持ち合い変わり隅入り角持ち合い変わり隅入り角  中陰揚羽蝶中陰揚羽蝶  丸に立ち若松丸に立ち若松  持ち合い四つ七宝持ち合い四つ七宝  持ち合い分銅持ち合い分銅  雪輪に五三桐雪輪に五三桐  持ち合い三つ割り亀甲に花角持ち合い三つ割り亀甲に花角  二つ鍵菱二つ鍵菱  中陰捻じ梅中陰捻じ梅  持ち合い三つ七宝持ち合い三つ七宝  落ち蘭落ち蘭  丸に一の字丸に一の字  五瓜に中陰蔦五瓜に中陰蔦  三つ割り木瓜三つ割り木瓜  五瓜に三つ柏五瓜に三つ柏  源氏輪に違い矢源氏輪に違い矢  中陰左二つ巴中陰左二つ巴  五瓜に三つ巴五瓜に三つ巴  団扇打板団扇打板  登り亀登り亀  二つ向い瓢二つ向い瓢  中陰州浜桐中陰州浜桐  瓢木瓜瓢木瓜  二つ割り錨二つ割り錨  糸菱に覗き花菱糸菱に覗き花菱  葉敷桜葉敷桜  中陰変わり抱き茗荷中陰変わり抱き茗荷  四つ割り桜に花菱四つ割り桜に花菱  中陰地紙に桔梗_中陰地紙に桔梗_  房付き檜扇房付き檜扇  二つ割り銀杏二つ割り銀杏  中陰八重桔梗中陰八重桔梗  繋ぎ剣の星繋ぎ剣の星  中陰光琳桐中陰光琳桐  二つ割り唐花菱二つ割り唐花菱  丸に無文字丸に無文字  山口撫子山口撫子  糸輪に蔦糸輪に蔦  中陰三つ横見桔梗中陰三つ横見桔梗  二つ剣銀杏二つ剣銀杏  六つ丁子六つ丁子  中陰三つ地紙中陰三つ地紙  亀甲に巴亀甲に巴  丸に違い鷹の羽丸に違い鷹の羽  寒 

すべて見る

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする
 

 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください