【みんなの家紋のはなし】

ユーザーの皆様から寄せられた家紋の情報を掲載しています。

「みんなの家紋のはなし」は家紋詳細ページから登録できます。
家紋検索はこちらからどうぞ。

※当サイトはリンクフリーです。お気軽にSNS、ブログ、掲示板にリンクをお貼りください。
※法人の方で家紋画像の利用を希望される方は、問い合わせ窓口にご連絡をお願いいたします。
家紋情報を資料等でご利用される場合は、「参考資料 家紋ドットネット」「家紋ドットネットより引用」などと記載していただき、自由にご活用ください。

スポンサーリンク

みんなの家紋のはなし検索

家紋の名前や名字を入力してください。
検索例:梅

 
 

松木さん みんなの家紋のはなし

【家紋名】丸に菱形に一本線
【都道府県】大阪府

詳細わかりません。
【投稿日】2024/07/23 19:46:04 【投稿者】まっちゃんさん
脇屋さん みんなの家紋のはなし
丸に一つ引き
【家紋名】丸に一つ引き
【都道府県】群馬県

うちのお墓がこの家紋です。脇屋という苗字は何種類かあるらしいのですが岩島村(現東吾妻町)の脇にある家屋、という意味の苗字だと聞いています。
東吾妻町とは別ですが太田市には脇屋町というところがあり、ここが脇屋義助の名前の由来とされています。
また、太田市の市章は同じく丸に一つ引きです。
参考になれば幸いです。

【投稿日】2024/07/19 20:39:31 【投稿者】DDRさん
五百蔵さん みんなの家紋のはなし

【家紋名】丸に梶の葉
【都道府県】兵庫県

>【家紋名】 わかりません この家紋についての回答です。 紋名(俗称):丸に梶の葉(まる に かじのは) 類似する紋がいくつかあり、判別に時間がかかってしまいました。 梶紋ですが、梶は信濃国(現・長野県)の諏訪大社を源流とし、主に諏訪大社の神職家や極めて近い分家。それ以外では諏訪大社の氏子や信仰者の家系に多いと言われています。
【投稿日】2024/07/18 09:33:43 【投稿者】長岡さん
田中さん みんなの家紋のはなし

【家紋名】丸に割菱 矢じり
【都道府県】福岡県

福岡県行橋市 先祖代々この地に住んでいます。近くの官幣宮の社伝によると、聖武天皇の時代に藤原備前神・秋満伊賀守・田中右京藤原朝臣が勅使として着任したとの記載があります。田中家と秋満家は現存します。この家紋は、お墓や黒紋付に有ります。いつからの家紋かわかりませんが、その昔に京都方面から来たと推測。70年前の親父の結婚式に京都か滋賀の人で同じ家紋の人がいたそうです。
【投稿日】2024/07/16 10:48:53 【投稿者】たなさとさん
三平さん みんなの家紋のはなし
丸に三つ引き
【家紋名】丸に三つ引き
【都道府県】東京都

先祖は千葉県館山で、みひらは館山に多い苗字です。
口伝では、平家の落人三人が房総館山に辿り着いた⁈と聞いています。

【投稿日】2024/07/15 00:39:23 【投稿者】ゆきみさん
平下さん みんなの家紋のはなし
丸に木瓜
【家紋名】丸に木瓜
【都道府県】神奈川県

私は神奈川県で北海道と埼玉に家族や親戚がいますが、戸籍を遡ると岐阜県郡上郡高鷲村(現:郡上市)から北海道開拓民として移住していました。

【投稿日】2024/07/11 17:19:44 【投稿者】麦さん
牛尾さん みんなの家紋のはなし
丸に違い舵
【家紋名】丸に違い舵
【都道府県】島根県

舵は舟の艪(ろ)につけて、進行方向を決定する器具。
物事を決定する道具として尊ばれた経緯から紋として採用されたと推測。
艪(ろ)/櫂(かい)とは、現在ヨットなどで、こぐ際に使用される木製の棒である。 (※ 艪(ろ)と櫂(かい)の違いは艪(ろ)は体格に優れている者が使用する。
櫂(かい)は東アジアを中心に使用され、東アジア人の体格に合わせた物とされ、使用方法にやや違いがある。)

使用家系は不明な点が多い。
古代豪族で海神を祖先とする「阿曇(安曇)宿禰(あずみ の すくね)」・同じく、それらと何らかの関係があると思われる「海直(あまべ の あたい)」一族で、山城国北部(現・京都府宮津市大垣)の元伊勢籠神社(現・籠神社(神社))社家の海部家である。他にも海運業に従事した家系が使用した。

【投稿日】2024/07/08 02:43:00 【投稿者】長岡さん
力武さん みんなの家紋のはなし

【家紋名】丸に三つ花菱
【都道府県】佐賀県

床の間に有りました
【投稿日】2024/06/16 12:21:11 【投稿者】トッシーさん
武市さん みんなの家紋のはなし

【家紋名】丸に柿の花
【都道府県】高知県

柿はカキノキ科の落葉樹で、日本の秋に欠かせない果樹となっています。昔から神事に用いられており信仰の対象とされてきました。柿紋は柿の霊力にあやかるためだと思われます。 江戸時代末期、武市 半平太の名で知られる土佐藩の幕末志士「武市 瑞山(たけち ずいざん)」の武市氏が家紋として用いていました。
【投稿日】2024/06/15 09:05:01 【投稿者】長岡さん
村造さん みんなの家紋のはなし

【家紋名】丸に一つ銀杏に一つ引き
【都道府県】愛知県

丸に一つ銀杏に一つ引き(まる に ひとついちょう に ひとつひき)。丸輪の中に銀杏(銀杏紋)と一つ引き(引き両紋)を意匠とした家紋。 銀杏は中国から渡来した落葉低木で、古来からご神木として祀られる事が多く、火災に強く、生命力が強い事から、長寿の象徴の一つになっていた。長寿と悠然たる構えから家紋として用いられるようになった。
【投稿日】2024/06/14 22:37:42 【投稿者】長岡さん
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る フォローする

家紋検索

みんなの家紋のはなしを入力するには、まず家紋を検索してください。(スペース区切りで複合検索できます)
検索例:梅

 
 

最近検索された家紋

板屋熨斗貝板屋熨斗貝  霞  花杏葉車花杏葉車  丸に梨切口丸に梨切口  榊丸に鈴榊丸に鈴  五瓜に丸に三引き五瓜に丸に三引き  割り違い矢割り違い矢  三羽飛び雁三羽飛び雁  瓜桐瓜桐  橘  十二枚笹菱十二枚笹菱  軸付上り藤軸付上り藤  豊  四つ割り七宝花菱四つ割り七宝花菱  星付き分銅星付き分銅  房付き檜扇房付き檜扇  井桁桐井桁桐  太陰の花菱太陰の花菱  持ち合い麻の葉持ち合い麻の葉  隅立て十二山形隅立て十二山形  丸に隅立て四つ目丸に隅立て四つ目  中村鷹の羽中村鷹の羽  三つ唐団扇三つ唐団扇  太轡太轡  杏葉牡丹杏葉牡丹  中輪に五つ柏中輪に五つ柏  二葉抱き菊二葉抱き菊  三つ蔓朝顔の葉に一つ鱗三つ蔓朝顔の葉に一つ鱗  三つ捻じ轡三つ捻じ轡  軸違い片喰軸違い片喰  丸に抱き茗荷丸に抱き茗荷  日蓮宗橘日蓮宗橘  変わり松皮菱に蔦変わり松皮菱に蔦  折れ矢折れ矢  二重輪二重輪  菊水菊水  半菊に一の字半菊に一の字  蔦菱蔦菱  変わり五枚笹変わり五枚笹  中陰三つ扇中陰三つ扇  丸に片喰丸に片喰  三つ寄せ菊菱三つ寄せ菊菱  糸輪に三つ楓糸輪に三つ楓  丸に牧野柏丸に牧野柏  浪に兎浪に兎  上り藤に大の字上り藤に大の字  風車風車  三つ追い蔓河骨の丸三つ追い蔓河骨の丸  熨斗輪に桜熨斗輪に桜  花藤花藤  上り藤の葉上り藤の葉  三つ割り錨三つ割り錨  折釘抜き折釘抜き  金輪崩し金輪崩し  三つ盛り糸巻三つ盛り糸巻  重ね井桁重ね井桁  五本骨扇に橘五本骨扇に橘  沢瀉車沢瀉車  諸向の丸諸向の丸  糸輪に六つ唐花糸輪に六つ唐花  三つ盛り三つ鱗三つ盛り三つ鱗  藪変わり杏葉藪変わり杏葉  陰の野分陰の野分  三つ蜻蛉三つ蜻蛉  三つ鱗三つ鱗  丸に三つ鱗丸に三つ鱗  結綿結綿  剣三つ鱗剣三つ鱗  向こう梅向こう梅  八曜八曜  丸に五瓜に唐花丸に五瓜に唐花  菱に二つ引き菱に二つ引き  太閤桐太閤桐  丸に真向き帆掛船丸に真向き帆掛船  丸に菱三つ州浜丸に菱三つ州浜  中輪に三つ鈴中輪に三つ鈴  丸に諏訪梶の葉丸に諏訪梶の葉  滕  丸にぬの字崩し兎丸にぬの字崩し兎  菊巴菊巴  丸に変わり三つ菱丸に変わり三つ菱  要  剣三つ捻じ丁字剣三つ捻じ丁字  八つ丁字八つ丁字  五七踊り桐五七踊り桐  違い柊違い柊  隅切り角に蔦隅切り角に蔦  丸に星梅鉢丸に星梅鉢  鳥居に左藤巴鳥居に左藤巴  中陰桐胡蝶中陰桐胡蝶  垂れ角に出木瓜垂れ角に出木瓜  中陰の七宝に花菱中陰の七宝に花菱  七つ割り隅立て四つ目七つ割り隅立て四つ目  上り藤に違い丁字上り藤に違い丁字  景  亀甲に蛇の目亀甲に蛇の目  梔子梔子  吹雪吹雪  行用花菱行用花菱  袋 

すべて見る

家紋の基礎知識はこちら
年間・半期トレンドランキングはこちら
いろいろな名字・珍しい名字ランキングはこちら
今日誕生日の有名人一覧へ
世界の名字ランキングはこちら
 

 

Androidアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください
iPhoneアプリ(無料)
アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください